プログラミングの勉強は小学校何年生から?

新しい時代の流れに合わせて小学校でもプログラミングの勉強をすることになりました。
何年生からプログラミングの勉強をスタートするかというと3年生ということに今のところはなっています。

プログラミングを習うことはなんだか難しそうな気もしますが、最近では誰もが簡単にプログラムを組むことをすることができることを目指して、ソフトが改良されていますので、小学生でも簡単にプログラムの勉強をすることが可能になっています。

昔は読み書きそろばんの時代でしたの、そろばんを多くの子供が習っていましたが、それが計算機に置き換わったと考えておけばいいでしょう。
先生の方も新しい指導要領に向けての対応を迫られていますが、おそらくはスムーズに井こすることが可能になると考えられています。

難しいという先入観を持たせないようにすることがコンピューターの教育においては非常に重要であると考えられますので、子供の時分からコンピューターに慣れる機会を増やして行くことを目指して行くことになります。

昨今のテクノロジーの進化は目覚ましい物がありますので、非常に便利な世の中になってきていますが、恩恵を受けるためにはコンピューターを自在に使いこなすことが求められます。
自在に使うということは最終的にはコンピューターをそのまま使うのではなくて自分でプログラムを作ってそれを使って行くことが必要になります。

コンピューターの教育をすることは単にコンピューターに関するスキルを身に着けるのではなくて、知能の想像力を高めることにもつながることが示唆されています。
次世代の若者には今以上の想像力が求められることが予想されますので、コンピューターの教育を早期に開始することは、社会において幅広く活躍することができる人材を育てることにもつながっていくはずです。

コンピューター教育の早期実施は、おそらくやってみると面白い内容ですので、実に興味深い試みであると考えてみていいでしょう。

キッズプログラミング教室の選び方【ひげおじさんが解説】はこちら